HOME産業人材室>地域ブランド商品開発
 地域ブランド商品開発(新居浜市受託事業)








 
 「プラントメンテナンスにおける設備診断セミナー」が行われました  
 
 平成21年12月11日、新居浜商工会議にて「プラントメンテナンスにおける設備診断セミナー」を実施いたしました。
 今回は、プラントメンテナンスの中でライフサイクルメンテナンスの観点から重要な「設備診断技術」を新居浜地域のブランドとするためのコア技術と位置づけました。 
 
 実施内容

・配管工事統合管理システム  

1.システム概要
配管の溶接点に着目し、溶接作業及び非破壊検査の情報を基に、配管工事の進捗状況を定量的に把握し、配管工事を管理するためのシステムである。

2.開発の目的
配管業者とエンジニアリング会社間で進捗管理ソフトを共有することにより配管工事進捗管理の省力化を図る。

3.導入効果
本システムを導入することにより、プレハブ及び現地取付け等の進捗状況の管理はもちろん、ピース単位のプレハブ出荷状況、溶接検査記録などの帳票を簡単に作成することが出来る。

4.将来展望
現状システムでは、ピース単位の進捗管理であるが、将来的には溶接点単位の進捗管理が可能なシステムを目指す。また、配管材料集計システムと連動させることにより、データー入力の簡略化を図る

機械設計研修 機械設計の「イロハ」 
 
 この研修では、若手設計者や初心者等の方を主たる対象者として「機械設計の基礎」を学んでいただきます。また、少し慣れてきた方には、今一度基礎を学び直すきっかけと捉えていただいても結構です。

 
  昨今、工業系技術系の学校以外からも設計の分野へ就職される方が多数いらっしゃるようです。是非ともこの機会に「機械設計の基礎」を学んでいただき、業務に活用いただければ幸いです。

      講師 可児 正紀 <機械設計一筋40年、次世代への伝承を願う!>
 受講者の感想 ★

・学校の授業より現場に近い内容で、とても理解しやすい講義でした。今までは、何も考えずに公式を使っていましたが、これからは公式を理解し、より正確な強度計算ができるよう頑張りたいです。講師の先生、とてもよい研修でした。ありがとうございました。

・今まで経験した勉強会の中で、一番理解できました。可児講師の指導は、とてもわかりやすく、受講者一人一人に問題が与えられ、回答を黒板まで書きに行くことも多くあり自然と頭に入ってきました。 本当にありがとうございました。

事業概要 

  新居浜の特産品・技術を生かした地域ブランド商品の開発、市場展開を図るため専門家の指導を受けながら事業可能性調査、試作品等の製作販路開拓支援を行うほかセミナー等を実施する。 

(1)中小企業訪問調査
新事業分野への展開を志向する企業(約30事業所)への訪問調査を行い、ニーズ等を吸い上げる事を目的とする。

(2)商品・技術の開発、販路開拓
 調査したニーズ等をもとに、専門家の指導を受けながら、事業可能性調査、試作品等の製作、販路開拓等の支援を行う。3テーマへの取組みを行う。  
 ・事業可能性調査>開発技術、商品等の事業可能性調査を行う。
 ・試作品等の製作
  特産品・技術を生かした地域ブランド商品・技術の試作品製作等を行う。
 ・販路開拓支援新たな取引先の紹介、展示会への出展等、開発技術・商品等に対する支援を行う。
 
 ・今年度は、プラントメンテナンス工事会社の生産性向上を図る“配管統合管理システム”を制作し、モニター会の開催、開発商品・技術の実証、及び発表会等の企画、開催を行う。

(3)セミナーの開催地域特性に相応しい開発技術、商品等の可能性調査のため、テーマを選定し、セミナーを企画、開催する予定。

このホームページに関するお問い合わせは 財団法人 東予産業創造センター まで
〒792-0060 愛媛県新居浜市大生院2151-10  TEL:0897-66-1111 FAX:0897-66-1112
 
 掲載されている写真・情報等の著作権は財団法人東予産業創造センターに帰属しています。無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。
All Rights Reserved Copyright(C)TICC