HOME産業人材室ものづくり担い手育成研修>配管コース
ものづくり担い手育成研修全国中小企業団体中央会補助事業















 
  
 
配管コース 12月6日修了式が行われました。

 研 修 内 容


・研修期間  

平成22年11月22日~平成22年12月6日  10日間コース

・受講者数 10名

・受講対象  

 愛媛県東予地域のものづくり中小企業の従業員の方
 愛媛県在住で、ものづくり中小中小企業への就職をお考えの方

・研修場所 

 1.株式会社近文 (コマ②~⑩)
  愛媛県新居浜市
 
 2.財団法人東予産業創造センター(コマ①、②)
  愛媛県新居浜市大生院2151-10
 


研 修 概 要

配管作業の概念を理解し、実作業を経験して基本技能を修得する。

  
研修の
 ポイント!
・学習目標
 各作業の概念把握と実作業の経験を通して、自身の適正判断及び専門性移行のステップにする。

研修の特徴 
 新規(中途)採用者の初級技能士育成を対象とし、実技をメインに進める。かつ、講師の経験による育成も配慮する。

 カリキュラム

コマ数 日付   テーマ概要 研修方法
 1 11/22
(月曜日)
図面の見方(材料及び部品、付属品の表示と図面記号理解、配管立体模型で現物をイメージしてプレファブ図を作成する。
(図面寸法、カッティング寸法記入)
・座学 
 2  11/24
(水曜日)
SS、SUSの一般的な材料及び特徴と使用例、アーク溶接、アルゴン溶接知識、実作業(溶接機取扱いと保護具、鉄板片にアーク溶接、溶接ビード) ・座学
・実習 
 3  11/25
(木曜日)
スケッチ用工具類と保護具について、配管スケッチ及びプレファブスプールの作成、材料のカッティング用寸法取り、溶接実習 ・座学
・実習 
 4  11/26
(金曜日)
管継手及び開先の種類と形状の理解、接続方法の理解(突合せ、差込み、PT)工具の取扱い(ノコ盤、グラインダー等)同上SS材切断、開先加工(直管T管) ・座学
・実習 
 5 11/29
(月曜日)
溶接棒の選定、工具と保護具について同上仮付け、芯だし(歪み対策含む)、溶接作業(能力別に溶接肉盛実習含む溶接姿勢F,H) ・座学
・実習 
 6  11/30
(火曜日)
同上寸法、角度測定及び歪取り修正の作業、溶接実習 ・座学
・実習 
 12/1
(水曜日)
溶接棒の選定、工具の取扱い、SUS材で切断、開先加工(直管、べンド、T管)、溶接実習(アーク溶接)  ・座学
・実習 
  8 12/2
(木曜日) 
同上仮付け、芯だし、溶接の作業、図面から製作図作成 ・座学
・実習 
 9  12/3
(金曜日)
1m×4B程度の立体配管図を製作させ、基本から完成のステップを実感する。 ・座学
・実習 
 10 12/6
(月曜日)
実配管の作業状況、作業過程、製作物等市内企業を見学し見聞を広める。 ・見学 

   講師紹介

株式会社近文   代表取締役 近藤 奉文

株式会社近文   工事課長   福井 宏志

 株式会社近文  配管作業長 十河 秀仁


 株式会社近文  溶接作業長 小松 正夫


 お問い合わせ先(お気軽にお問い合わせください)

   TEL 0897-66-1111

東予産業創造センター 産業人材室 担当:越智、平野

 ※開催場所、日時は、都合により変更になる場合があります。

 

このホームページに関するお問い合わせは 財団法人 東予産業創造センター まで
〒792-0060 愛媛県新居浜市大生院2151-10  TEL:0897-66-1111 FAX:0897-66-1112
All Rights Reserved Copyright(C)TICC  掲載情報の許可なき転載を禁じます。