「にいはま大島七福芋ブランド」認定募集(H21.09.15up) <東予産業創造センタートピックス> 
新居浜市の地域資源である七福芋を全国へ発信しませんか?
「にいはま大島七福芋ブランド」認定申請

 全国に誇れる地域資源である七福芋を使用した「加工飲食料品」を、「にいはま大島七福芋ブランド」として認定し、積極的な情報発信活動を展開します。
 つきましては、七福芋を活用した商品を広く募集し、審査し認定します。ふるってご参加下さい。
 愛媛県新居浜市の沖に浮かぶ大島では、皮が白くて甘みの強い、希少な七福芋が育てられています。
 その七福芋を使ってお菓子や料理などを認定して、全国に広く募集するものです。認定者には認定マークの使用許可や七福芋フェア(百貨店やデパートなどのイベント)への参加できるなどの特典があります。
 ふるってご応募下さい。

・・・七福芋(白いも)ってなんだ?
平成21年9月30日(水)締め切り
飲食料品(酒類等を含む)の製造または加工を行っている事業者(個人、法人、組合、団体)
審査料一品につき、1000円。
◎審査予定:平成21年10月上旬頃、商品の提示をお願いします。
認定料 年間一商品につき新居浜物産協会会員は10,000円、物産協会員以外は15,000円の登録料が必要となります。二品目からは、一品につき5,000円の登録料が必要となります。
募集案内
募集要項
申請用紙
にいはま大島七福芋ブランド推進協議会(新居浜市物産協会内)
〒792−0026 愛媛県新居浜市久保田町3−9−27
TEL/FAX:0897-34-9515
E-mail:shop@anbun.jp
HP:http://www.niihama-bussan.com