第4回地域資源活用セミナー『売れるものに学ぶ』
第4回地域資源活用セミナー
『売れるものに学ぶ』セミナー

 同じ種類の野菜を作っても隣の旗で出来た物と大きさが違う、味が違うという経験はありませんか。
 今回、最小限の水と肥料でトマトをスパルタで育てる永田農法で有名な永田照喜治。安心安全の食品を消費者へ届ける「オイシックス」の小堀夏佳氏をお招きしてのセミナーを開催します。特徴のある農産物をいかに産み出し、消費者にどう訴求していくか。みなさんのものづくりにお役立て下さい。
<開催報告> 参加者46名
まず小堀夏佳氏よりオイシックスの概要、商品事例について紹介した。
オイシックスではものはいいのに陽の目を見ない野菜・果物に着目して、農家がどう売ればよいかわからないような商品をオイシックスのテイストを加えて消費者への発信を行う。これまでの成功事例としてピーチかぶ、ごく生フルーツコーンなどがある。
永田照喜治氏は永田農法を確立した。現代では有機農法が良いともてはやされているが、決して万能ではなくて逆にタイミングや量によっては害を及ぼす可能性もあることを説明した。また新居浜大島も宮崎県椎葉村や宮古島などを例に挙げ最終的にそこに魅力があれば一度離れた若者も戻ってくると説明した。
内 容 @15:00〜15:45
 テーマ:『食べる人 作る人 つなぐ私たち』
    〜オイシックスの活動内容と売れる野菜とは〜
 講師:オイシックス梶@商品開発チーム 青果スーパーバイヤー 小堀夏佳氏
   プロフィール:インターネット上で有機農法や特別栽培された野菜、果物にはじまり
            肉、卵、米などの安全食材を宅配。ネット通販で年商40億円以上!

          http://www.oisix.co.jp/

 (休憩15分)
A16:00〜17:00
 テーマ:『離島における環境を汚さない持続可能な農業』
 講師:渇i田農業研究所 代表取締役 永田照喜治氏
   プロフィール:1926年、熊本県生まれ。砂栽培に独自の工夫を加え、独創的な
         永田農法を確立する。現在は世界的な農業指導者として、日本全国はもちろん
         台湾、フランス、中国でも注目され、各地で指導・講演を行っている。
         著者に『おいしさはここにある』『永田農法 おいしさの育て方』などがある。


B17:00〜17:30  質疑・意見交換

日 時 平成20年8月12日(火) 15:00〜17:30
場 所 新居浜市市民文化センター 第3会議室(本館2F)
(新居浜市繁本町8−65 TEL:0897−33−2180)
定 員 50名(先着順)
申込&問い合わせ先 (財)東予産業創造センター 担当:矢葺
〒792-0060 新居浜市大生院2151-10
TEL:0897-66-1111
FAX:0897−66−1112
yabukih@ticc-ehime.or.jp
申込書 申込書ダウンロード