本中級コースは、愛媛県の「東予地域プラントメンテナンス人財育成事業」において、H29年度に講座開発し、H30年度に実証講義を実施するものです。
 ものづくり企業に係る技能者が、実務時に必要な職種共通の「職務能力向上教育」と職種別の「保全技術・技能向上教育」の2本立てとしております。
 対象者は、執務経験年数4年~9年の中級技能者向けのカリキュラムとしており、講座の前後に職業能力評価を行い、受講の効果を測定致します。
 「職務能力向上教育」は、3科目のコース受講として、9月に原則毎週1科目2日間(火、水)で3週に亘って実施します。
 職種別の「保全技術・技能向上教育」は、【機械】、【電気】、【計装】の3教科に区分します。
 【電気】、【計装】は、夫々6科目のコース受講として、12月~H31年1月の間、毎週土曜日に1科目毎実施します。【機械】は、職種別に8科目の科目毎受講として、夫々科目毎に期間設定して実施します。詳細は、「H30年度プラントメンテナンス技能者育成講座コース一覧(PDFファイル)」を参照ください。

 各中級講座ページのコース概要をご参照の上、多くの方々にご参加をいただきますよう、宜しくお願いいたします。

公益財団法人 えひめ東予産業創造センター

教 科 名 実施時期 科目数 講義時間

(実習を含む)
中級コース
【職務能力向上教育】
9月
3 42.0h
中級コース【機械】 7~2月
8 科目毎受講
中級コース【電気】 12~1月 6 42.0h
中級コース【計装】 12~1月 6 42.0h